東広島市の個別指導塾・IKUEI個別学院西条校

西条大坪町の個別指導塾をお探しなら

本音は「理解」にこだわってみんなの成績を上げたい。

time 2020/08/28

本音は「理解」にこだわってみんなの成績を上げたい。

定期テストが1つ終わりましたので、ちょっと私の本音を。

「理解」にこだわりたい指導者。

「暗記」か「理解」か。

これはどちらが良いか悪いかという話ではありません。そもそも反対のものなのかもわかりませんし。
数学であれば、教科書に載っている公式に当てはめれば問題を解くことが可能だから公式さえ覚えてしまえばいいよ、という考え方もあれば

モノによっては、公式なんか使わなくても、公式の成り立ちやその周辺の知識の中身がきっちり理解していれば、公式は覚えなくても解くことができるという考え方もあります。

数学の担当者である私は、「公式の根本を理解する」ことにこだわりたい派です。
ただ無批判・無理解で暗記に走るのではなく、公式や現象の理屈や背景を理解する。そうすれば、覚えておかなければならない公式を減らすことができ、それによって「暗記漏れによる減点」を防ぐことができる、という考えです。

授業でも、IKUEI個別学院の講師はそこを十分理解した上で、塾生と向き合ってくれています。

「暗記」ももちろんしますよ。

とはいっても、すべてを理解するように仕向けて、まったく暗記に頼らないのはウソです。
英単語や漢字などは、暗記するしか方法がない場合だってあります。テスト中にいちいち公式を作って解くようでは、制限時間内に終わりません。
だから、「時間短縮のために」公式や単語を覚えることはいいと考えています。こういう理由だと「割り切って」暗記に向かってもらっています。

ただ無批判に、「とりあえず覚えろ」は暴論だと思っているのです。
「問題さえよければいい」と割り切るのも一つの考え方でよいのかもしれないけれど、私はできるだけそれをしたくなく、せっかく勉強するならば、勉強自体その教科自体が少しでも楽しいと思ってほしいと願っています。

だったら、理科であれば現象の理屈を、社会であれば起きた出来事の背景。こういったこともすべて知った上で、時間短縮のために暗記もする。

これを目指しています。

どっちがいいとか悪いとかじゃない

別に、「暗記は悪だ!」なんて言っているわけではありません。暗記をして、そこから理解につなげるという考え方の人がいてもいいし、「暗記は後回し、まず少しでも理解をすることから始めよう」と考える人がいてもいい。

私は、自分の中学生時代を思い返し、「数学って楽しい!」と思えたのは、暗記から理解へ移ったからではなく、理解から入ったからだと思っています。
(何を隠そう私は、中3の頃、2次方程式の解の公式を3時間かけて見つけ出して、「オレ天才だわ!」と思って、次のページを開いたら解の公式が載っていた、という逸話を持つ男です(笑))

だから、できれば塾生にも、この(謎の)感動を味わってほしいな、と闘っているところはあります。
もちろん塾生によっては、明らかに暗記から入ったほうがうまくいく生徒もいますから、毎回理解から入ろうと意地になっているわけではなく、柔軟に指導はしています。

定期テストの対策など、目の前の点数を愚直に求めるときには、「とりあえず覚えろ」で攻め込むことをガンガンやるので、「おい、言ってることとやってることが違うじゃないか!」という塾生が多いかも。

でも実は、裏にはこういった考えも持っているのだよ、ということをただ伝えたかったのでこの記事を書きました。

要は、時と場合をよく考えているということをアピールしたかっただけ(笑)

IKUEI個別学院西条校への問い合わせはこちらから!

〒739-0005 東広島市西条大坪町9-51 B-2
電話 082-422-5498

公式LINEもやっています!
タイムラインで校舎情報を更新中!下のボタンを押して友だち登録お願いします。

友だち追加

IKUEI個別学院西条校中の人の独り言

このブログの中の人

まえはま室長

まえはま室長

広島生まれ広島育ち、広島の高校・大学を卒業して広島の塾に就職する生粋の広島人。
IKUEI個別学院歴は早10年。小学・中学の全教科授業に出ていますが、基本的には理系の講師。
「あたりまえのことをあたりまえに行う」ことをモットーに、宿題や小テスト、授業のない日のテスト勉強会などを企画しています。
趣味はスポーツ観戦。30年以上のカープファン。好奇心は旺盛。飽きも早いのが玉にキズ。心はまだまだ若手のつもりだが、体にはちょこちょこガタが来ている。