東広島市の個別指導塾・IKUEI個別学院西条校

西条大坪町の個別指導塾をお探しなら

「やる気スイッチ終了」のお知らせ

time 2020/09/24

「やる気スイッチ終了」のお知らせ

まことに残念ではありますが

「やる気スイッチ」なる単純なスイッチは、人間には用意されていません。
これがやる気スイッチかな?というスイッチを押してみて、「よーし!やるぞー!」と気合を入った場合、実はその段階ですでに無理をしていて、やり始めるところがテンションのマックス。
最初の10分くらいはバリバリとこなせますが、だんだんと無理がたたり、30分程度でグダグダになってしまうのがオチです。

というか、皆さんそんな経験たくさんしてきたのでは?

毎回気合を入れてやって、コーヒー飲んで、エナジードリンク飲んで、「今日はすげぇ長い時間勉強できる気がする!」ってなって、すぐにエナジードリンクの効果が切れて、でも何本も飲めないからもう力尽きて。
長い時間勉強したあとから3日間くらいやる気が出なくなって、だらだら過ごしちゃって頭を抱える。

「私は勉強に向いていない!」
なんて叫んだこと、2度3度ではないでしょう?

え?これ誰の話だって? 私の話です(苦笑)

やる気を持続させる方法はあります

結局しんどいのは、人にやらされていることです。
勉強でも仕事でも、「これをやりなさい」「あれをやりなさい」と言われて、しぶしぶやっているものについては、気が乗らないのでダラダラになってしまいます(少なくとも私は)。

ダラダラがやる気の対極にいます最大の敵です。

こいつを撲滅するのが、やる気を持続させる方法です。外部からのエナジーに頼ることなく、やる気の波を持続させる、その方法をここでは大公開します。

①「人ごと」ではなく「自分ごと」にする。

私がダラダラから脱出している方法の一つは、行動の端々に自分の言葉を散りばめることです。
よく意味が分からないでしょう。
例えば、ただ計算問題を解くだけではなくて、間違えた問題のそばに「どういうミスをしたのか」を記述する。
ただ用語を暗記するだけではなくて、質問して「理解したこと」を記述する。もしくは、「オリジナル語呂合わせ」を記述する。

ただの作業に、自分オリジナルの言葉を添えることで、その作業が「自分で作り上げた作品」に変わります。面倒で小さなことですが、この積み重ねが、いずれ大きな成果となって返ってきます。

自分でクリエイトしたものって、愛おしいんですよ、ほんと。誰にも渡したくないってなります。

②四の五の言わず、とりあえずやってみる。

もう何も考えずにとりあえず取り掛かってみる、という方法もあります。作戦を練るのはあと。とりあえず日記を書き始めてみる、とか計算問題解き始めてみる、とか。
始めてみると、不思議と継続できるものです。あの問題まで解こう、とかもう1行書こう、みたいな。
人には、「一度始めたら終わらせないとなにか気持ちが悪い」という性質があるらしいですが、そういう難しいことは抜きにして、まずはとりあえずやってみることがよいことだと思います。

③いいところを探す。

もう一つのやる気をそぐイベントは、成果が出なかったものを見たときです。がんばったのに成績が上がらない、というのが一番これに当たることではないでしょうか。

目の前にガンと結果が現れたとき、成果が出ないと「結局このがんばりは無駄だったのかぁ」ということを突きつけられ(た気がし)ます。
反省大いに結構なのですが、どうも反省というと悪かったところを探すことに終始している人が多いように思います。

でも、やってみて、よかったこともあると思うんです。
分かりやすい数字として現れているなら、そこはいいところとして褒めましょう。自分を。
数字として分かりにくいなら、少し変化したことを捜してみましょう。計算するのは楽になったとか、漢字が少し多めにかけるようになったとか。

そうやって、よかったところもある。もちろん悪かったところもある。というゆるい分析をかけることで、次へのやる気を手にすることもあります。

でも結局はやる気スイッチはないんです。

1日1ページ、から始める自主勉強もいいです。ペラペラ参考書を終わらせることから始めてもいいです。
少しでも「勉強しなきゃな」という気持ちがあって、大部分が「でもめんどうだよな」という気持ちになっているなら、スタートはゆるーくです。

外部の刺激は、一長一短。効果が出ないからとすぐにあきらめてしまうのはNG。エナジードリンク飲んでもいいし、友だちと点数勝負してもいいですが、途中でやる気がそがれたら、別の方法を試します。

「めんどうだ」という気持ちをゼロにするのではなく、減らしていくという考え方で、焦らず始めましょう。

やる気スイッチは、電源のオンオフじゃなくて、音量ボタンのイメージで。

IKUEI個別学院西条校への問い合わせはこちらから!

〒739-0005 東広島市西条大坪町9-51 B-2
電話 082-422-5498

公式LINEもやっています!
タイムラインで校舎情報を更新中!下のボタンを押して友だち登録お願いします。

友だち追加

IKUEI個別学院西条校中の人の独り言

このブログの中の人

まえはま室長

まえはま室長

広島生まれ広島育ち、広島の高校・大学を卒業して広島の塾に就職する生粋の広島人。
IKUEI個別学院歴は早10年。小学・中学の全教科授業に出ていますが、基本的には理系の講師。
「あたりまえのことをあたりまえに行う」ことをモットーに、宿題や小テスト、授業のない日のテスト勉強会などを企画しています。
趣味はスポーツ観戦。30年以上のカープファン。好奇心は旺盛。飽きも早いのが玉にキズ。心はまだまだ若手のつもりだが、体にはちょこちょこガタが来ている。