東広島市の個別指導塾・IKUEI個別学院西条校

西条大坪町の個別指導塾をお探しなら

塾も学校も、両方ともうまく利用する。

time 2020/09/29

塾も学校も、両方ともうまく利用する。

学校の先生と塾の先生はどちらがえらいのか。

この間、授業開始前。不意に、担当している塾生が私に聞いてきました。

学校の先生と塾の先生って、どっちがえらいんですか?

もちろんえらいのは私、授業のクオリティには自信をもって日々指導をしています。ただ、「誰かと比較して、クオリティが高い」とはあまり考えていません。

むしろ、私の教え方・指導の仕方に、合わない生徒も数多くいます。それはうちで働いてくれているコーチも同じことが言えますし、もっと言えば、どの塾に通われている場合でもあり得ることです。

IKUEI個別学院西条校の講師は、私も含め「クセの強い人の集団」だと思います。もしかしたら、どこの塾さんも、尖りまくってる先生たちが多いかもしれませんね。だから、教え方にもクセが現れ、それがピタッと合う生徒が集まっているのが、「塾の良いところ」だと思っています。だから、面白い。変な話、塾は合わなければ変えればいいですしね。

一方で、学校はそういうわけにはいきません。成績によるクラス分けをしない学校がほとんどですから、ある程度、万人が理解できるような教え方をする必要があります。
もちろん、学校の先生にも当たり外れがあるとは思いますが、塾の先生よりは大きくないと思います。だからすごいともいえるし、だから面白みに欠けるともいえる(すみません、ちょっと言い方きついですけど)。

だから、どちらがえらいというのはなくて、そもそも向いている方向がちがうような気がします。本人には、「どっちがえらいとかそういう問題じゃなさそうです。合うと思う先生についていけばいいのでは。」と伝えさせていただきました。納得している雰囲気でした。

「塾で勉強するから大丈夫」

うちに限らず、塾の先生と相性がぴったりの生徒はよく「わからんかったら塾の先生に聞けばいっか」と思考におちいります。より成績アップの効率化が進めばそれでいいのですが、このタイプの生徒は往々にして、学校の授業を軽く見てしまいます。

もし、お子さんが家で勉強できないときはご相談ください。自習で校舎に毎日通っていただいて問題ありません。家で勉強できない分、塾で勉強できれば、家ではご飯食べてゆっくりしてお風呂入って寝るだけ。保護者の方も生徒側もストレスフリーで変なケンカも減ります。

でも、学校の授業を軽く見始めたら要注意です。とくに、塾に通い始めて間もない生徒に起こりやすい危険な兆候。学校の授業は、必要です。塾「だけ」に依存したらダメです。

言うまでもなく、中学生の生活で最も多くの時間を過ごすのは学校です。学校と塾では、そもそもの滞在時間が違うんです。

例えば、うちの授業の場合、2単位とったとして、週に2回、70分の授業なので、
1か月で70分×週2回×4週=560分(約9時間半)

一方、学校の授業は月から金まで週に5回あります。体育とか家庭科とかを除いた、5教科の授業が1日5時限分あるとすると、1か月で45分×5時限×週5回×4週=4500分(約75時間)。50分授業ならさらに2時間追加。とんでもない差が出ます。

もし毎日塾に自習に2時間通ったとしたら、60時間が追加されますが、ほんとに毎日来ます?部活でへとへとの日もあれば、どうしても見たいテレビがあることもあるでしょう。

だから、「塾でやったことがあるから」と、学校の授業をダラダラと受けたらもったいない。1か月約65時間の差はとんでもなく大きい。
それに、塾の授業を受けて、さらに学校の授業を丁寧に受けることで効果は大きくなります。1つの単元を2回学ぶことができるためです。

したがって成績を上げるためには…学校の授業を大切に受けること。この一言に尽きます。

たとえ学校で、周りの生徒が授業をおろそかにしていても、あなただけはこの原則を無視してはいけません。成績が良い生徒は、必ずしも授業中目立たないですが、コツコツと力をためています。
たとえ好きになれない先生の授業であっても、たとえわかりにくい先生の授業であっても、耳をしっかり傾けてください。そして、『どこがわかりにくかったのか』を書き出してください。ここからが、塾の出番です。

じゃあ「塾」はどんなところですか?

塾では、基本的に学校の予習をやります。これは、「学校の授業を受けなくていいように」ではなくて、「学校の授業が復習になるように」です。
学校は復習の授業だから、わかりやすい・わかりにくい関係なく、予習でわからなかった部分を集中して聞くところ。

大事に受ける、とはそういうことです。

そのうえで、わかりにくかったところは塾で先生に質問してください。2回授業を受けた上で、一生懸命に考えた後、分からないところを教えてもらうと、すっとあなたの頭に入って、しっかり記憶に残ります。これが、学力になります。

この毎日の努力の積み重ねが、あなたの学力を高くしていきます。

塾だけに依存していてはダメ。学校の授業は大事に。
これだけは忘れないでくださいね

IKUEI個別学院西条校への問い合わせはこちらから!

〒739-0005 東広島市西条大坪町9-51 B-2
電話 082-422-5498

公式LINEもやっています!
タイムラインで校舎情報を更新中!下のボタンを押して友だち登録お願いします。

友だち追加

IKUEI個別学院西条校中の人の独り言

このブログの中の人

まえはま室長

まえはま室長

広島生まれ広島育ち、広島の高校・大学を卒業して広島の塾に就職する生粋の広島人。
IKUEI個別学院歴は早10年。小学・中学の全教科授業に出ていますが、基本的には理系の講師。
「あたりまえのことをあたりまえに行う」ことをモットーに、宿題や小テスト、授業のない日のテスト勉強会などを企画しています。
趣味はスポーツ観戦。30年以上のカープファン。好奇心は旺盛。飽きも早いのが玉にキズ。心はまだまだ若手のつもりだが、体にはちょこちょこガタが来ている。