東広島市の個別指導塾・IKUEI個別学院西条校

西条大坪町の個別指導塾をお探しなら

小論文を書くための方法

大学入試の推薦や、選抜Ⅰが近づいてきたので、小論文を書く方法を一部お教えします。

「問題文」を読み取って、何を書くべきか考える

皆さん、問題文をサラッと読んで解答に向かうのかもしれませんが。

問題文って重要です。

「Go To キャンペーンについてどう思いますか」という小論文だとしたら(設問自体が甘いのはちょっと横に置いてもらって)

「Go To キャンペーン」→「これは何かな?」
「どう思うか」→「賛成か反対かを聞いているのかな?」

少なくとも、このくらいの読み取りは必要です。

「メモ」は絶対条件

いきなり文章を書き始めるのは危険です。
文章を書きながら、言いたいことがどんどん変化してしまいます。「賛成」のつもりで書いていた文章が、だんだん気持ちが「反対」に変わってしまう、みたいな。
全体像が把握できていないからです。

だから、どこかに「メモ」を残す必要があります。

例えば、先ほどの例の場合は、「賛成」と「反対」を明確にしてメモをします。
賛成反対が自分の中で明確であれば、その理由を箇条書きでダラダラ書き連ねます。明確でなければ、どちらの理由も書きます。

ダラダラと書いたのは、理由が「たくさん」ほしいからです。これは使えないだろうと思うものも含めて、どんどん書き出します。

あとは、これをまとめるだけ。
これで、小論文の分量と、「主張がゆがむ」ことで悩むことは少なくなります。

ぜひ試してみてくださいね。

IKUEI個別学院西条校への問い合わせはこちらから!

〒739-0005 東広島市西条大坪町9-51 B-2
電話 082-422-5498

公式LINEもやっています!
タイムラインで校舎情報を更新中!下のボタンを押して友だち登録お願いします。

友だち追加

IKUEI個別学院西条校中の人の独り言

このブログの中の人

まえはま室長

まえはま室長

広島生まれ広島育ち、広島の高校・大学を卒業して広島の塾に就職する生粋の広島人。
IKUEI個別学院歴は早10年。小学・中学の全教科授業に出ていますが、基本的には理系の講師。
「あたりまえのことをあたりまえに行う」ことをモットーに、宿題や小テスト、授業のない日のテスト勉強会などを企画しています。
趣味はスポーツ観戦。30年以上のカープファン。好奇心は旺盛。飽きも早いのが玉にキズ。心はまだまだ若手のつもりだが、体にはちょこちょこガタが来ている。