東広島市の個別指導塾・IKUEI個別学院西条校

西条大坪町の個別指導塾をお探しなら

「受験は情報戦」という言葉の意味

time 2020/11/27

ネット情報。

ネットにある偏差値。出典元がわからないものはできるだけ信用しない方がいいです。

賀茂高校の受かり方」で使った偏差値は、全県模試さんの偏差値を使っていて、これはIKUEI個別学院で採用している模試の一つです。
だから、出典元がはっきりしています。私の話にもある程度信ぴょう性が出るかなと思っています。

別に、全県模試でなくてかまいません。模試はいろいろありますから。全部の模試で、合格偏差値がすべて同じであるということはありません。
模試によって、受験層や人数などに大きなばらつきがあります。

関連記事

噂ばかりに流されず「1次情報」を手に入れる努力をしようという話。

信頼できる情報は、一次情報で

以前にも書いていますが、情報は基本的に、『主催者発表』のものだけを信じるようにします。入試の場合は、県教育委員会か高校が発表した内容です。

「令和5年度から入試制度が変わりますよ」というのは、広島県教育委員会が発表したものです。主催者発表なので、信用してよいでしょう。これを一次情報といいます。
「今年は数学と理科の問題は難しくなるらしいぞ」というのは、噂になっただけの話で誰の発表ではないから、これは信用しない方がいいです。これを二次情報と言います。

じゃあ、Twitter情報は?Facebook情報は?

二次情報のうち、一次情報が手に入るものについては、基本的に信用してよいと考えます。

例えば「賀茂高校が今年1学級分定員を少なくするらしい」ということを知らずに、友人であったり、どこかの噂であったり、私のブログなどでキャッチしたとします。これは二次情報です。

すぐ鵜呑みにせずに、何とかして県教育委員会の情報を探し出します。今回は、県教育委員会のホームページに、今年の定員一覧が載っているので、ここまでたどり着いたら信用していい内容であるということです。

関連記事

【速報】令和3年度入試で賀茂高校の定員が40人減少

「賀茂高校が今年定員を減らしたから、倍率が上がるらしい」という情報を、友人から手に入れたとします。これもまた「ソース」を探します。
でも、これは現段階ではどうやっても探し出せません。なぜなら、出願がまだだから。つまり、この情報はソースがないので、信用してはいけません。

2月末には倍率も発表になるので、これが見つけ出せれば信用してよいよね、ということです。

受験は情報戦。

この言葉は、たくさん情報を得る、という意味であるのと同時に、「怪しい」情報に振り回されないように一次情報に必ず当たるという意味でもあります。

情報に振り回されると、無用に心が乱され、疲弊してしまいます。
そうならないように、一次情報のソースを探し出せるようにしましょう。

これは、大人になってからも使えますよ。

IKUEI個別学院西条校への問い合わせはこちらから!

〒739-0005 東広島市西条大坪町9-51 B-2
電話 082-422-5498

公式LINEもやっています!
タイムラインで校舎情報を更新中!下のボタンを押して友だち登録お願いします。

友だち追加

IKUEI個別学院西条校中の人の独り言

このブログの中の人

まえはま室長

まえはま室長

広島生まれ広島育ち、広島の高校・大学を卒業して広島の塾に就職する生粋の広島人。
IKUEI個別学院歴は早10年。小学・中学の全教科授業に出ていますが、基本的には理系の講師。
「あたりまえのことをあたりまえに行う」ことをモットーに、宿題や小テスト、授業のない日のテスト勉強会などを企画しています。
趣味はスポーツ観戦。30年以上のカープファン。好奇心は旺盛。飽きも早いのが玉にキズ。心はまだまだ若手のつもりだが、体にはちょこちょこガタが来ている。