東広島市の個別指導塾・IKUEI個別学院西条校

西条大坪町の個別指導塾をお探しなら

定型文で作文を書きすぎないこと

time 2020/12/27

「私は~と考える。なぜなら…」

作文・小論文を書く上での定型句みたいなものです。

もちろん、お分かりだとは思いますが、これに必ずはめ込まなければいけないわけではありません。
でも、うちの中3生たちに作文を書いてもらうと、どうしてもこの定型句から離れられなくなってしまいます。

定型句(フォーマット)って大事です。
新聞の記事は、毎日膨大な量生み出しています。だから、書き方には型があって、記事を書く人は、その型にあてはめて書いています。
私みたいなブログの記事でさえも、だいたいのフォーマットがあります。変な話、それに当て込むだけみたいなこともあります。内容は違えど。

これは悪いことではありません。定型なしに、毎回オリジナルの書き方をすると、とてつもなく時間がかかります。私くらいのんびり記事を更新する場合ならまだよいでしょうが、新聞記者さんは毎日何記事も書くわけですから、時間がかかるのは致命的です。
また、記事のクオリティの差がとんでもなく大きくなってしまいます。ある書き方はとても内容が伝わりやすいのに、違う書き方では何を書いているのかさっぱりわからない。定型を使わないと、記事によって深さが変わってしまうんです。
だから、考えをきちんと相手に伝えるために、必要な要素は定型句にちりばめられます。

ただ、この定型は、毎回必ず使われているわけではありません。定型を崩したほうがいい、崩さないといけない場合もあります。定型にこだわることによって、回りくどくなったり、何が言いたいのか見えにくくなる場合があるからです。

例えば、表題の「私は~と考える。なぜなら…」。
考えに対する理由が2つ以上ある場合は、この型を使うと書きにくくなる場合があります。また、理由がさらに別の論へつながる場合も、書きにくいです。

ほかにも、文章の最初と最後には意見を書く、という定型もあります。これもまた、最後は「呼びかけ」のように終わった方がいい問題もありますし、すでに2段落構成でまとめないといけないと指示される場合もあります。

もちろん、これを考えるのは、ある程度定型で作文が書けるようになってからです。
広島県でよく出題される200字作文に対応できるように、まずは定型文で練習し、そこから文章をより読みやすくする「定型外し」の訓練もしましょう。

IKUEI個別学院西条校への問い合わせはこちらから!

〒739-0005 東広島市西条大坪町9-51 B-2
電話 082-422-5498

公式LINEもやっています!
タイムラインで校舎情報を更新中!下のボタンを押して友だち登録お願いします。

友だち追加

IKUEI個別学院西条校中の人の独り言

このブログの中の人

まえはま室長

まえはま室長

広島生まれ広島育ち、広島の高校・大学を卒業して広島の塾に就職する生粋の広島人。
IKUEI個別学院歴は早10年。小学・中学の全教科授業に出ていますが、基本的には理系の講師。
「あたりまえのことをあたりまえに行う」ことをモットーに、宿題や小テスト、授業のない日のテスト勉強会などを企画しています。
趣味はスポーツ観戦。30年以上のカープファン。好奇心は旺盛。飽きも早いのが玉にキズ。心はまだまだ若手のつもりだが、体にはちょこちょこガタが来ている。