東広島市の個別指導塾・IKUEI個別学院西条校

西条大坪町の個別指導塾をお探しなら

ある日のやりとり。

作文を書いてもらっている最中。

小学生「先生、『にわとり』っていう漢字は『庭鳥』ですか?」
私「いやいや、そうじゃないよ。まだ習ってない難しい漢字なんだよ」
小学生「そうなんですね。じゃあひらがなで書きます」

おもしろいなぁ、確かに一度は誰もが思っちゃうことかもしれない。

でも、なんであの鳥のこと『にわとり』っていうんだろう。

と思って、ネットで調べてみると、ありました。

ニワトリの語源は、「庭の鳥」「庭にいる鳥」の意味の「ニハツトリ」で、「ニハツトリ」の連帯助詞「ツ」が落ちて変化した語。

語源由来辞典(https://gogen-yurai.jp/niwatori/)より引用

もともと「庭鳥」やないですか。
じゃああながち間違いでもないじゃない。

ここでの「庭」は、家の庭ではなく、神社の境内を指すようです。
神聖な鳥なんですね。

にわとりの漢字は『鶏』ですが、この字があてられたのは、明治時代になってから。
「ニハツトリ」は、なんでも万葉集(奈良時代!)からもう使われていたようなので、改名してから日が浅いやつみたいです、あいつは。

一つお勉強になりました。
ネタを提供してくれた小学生に感謝。

IKUEI個別学院西条校中の人の独り言

このブログの中の人

まえはま室長

まえはま室長

広島生まれ広島育ち、広島の高校・大学を卒業して広島の塾に就職する生粋の広島人。
IKUEI個別学院歴は早10年。小学・中学の全教科授業に出ていますが、基本的には理系の講師。
「あたりまえのことをあたりまえに行う」ことをモットーに、宿題や小テスト、授業のない日のテスト勉強会などを企画しています。
趣味はスポーツ観戦。30年以上のカープファン。好奇心は旺盛。飽きも早いのが玉にキズ。心はまだまだ若手のつもりだが、体にはちょこちょこガタが来ている。