東広島市の個別指導塾・IKUEI個別学院西条校

西条大坪町の個別指導塾をお探しなら

広島県公立高校入試のシステム~選抜II

広島県公立高校入試のシステム~選抜II

このブロックは、広島県の公立入試のシステムについて詳しくお話します。
続いては「選抜II」についてです。

※この記事は、2021年3月と2022年3月に高校入試を受験する中学生に向けてのものです。
 2023年3月以降に公立高校受験をする中学生は、
 入試システムが変更になりますのでご注意ください。

選抜IIの定員

定員は「入学定員から選抜Iで内定を出した人数を引いたもの」です。
通常は、普通科や総合学科の高校は定員の8割に、
職業科(工業・商業ほか)の高校は定員の5割になることが普通です。
ただし、選抜Iで定員割れになった高校は、その分選抜IIの枠が大きくなります。

ところで、選抜IIの選抜方法は、理解するのが少し大変です。
なるべく丁寧に書いていきますが、わかりにくいところが出るかもしれません。
その際は、気軽に質問してきてください。

選抜IIの合否判定方法

「学力検査」と「内申点」の合計点で判定

まず、一般的な選抜方法からの説明です。
選抜IIによる合格者を選抜する方法は、
「学力検査(当日の入試)」と「内申点(学校の成績)」です。

一部の高校で実技や面接がある場合があります。
2020年度の場合、海田高校・賀茂高校は面接は行われませんでしたが、
西条農業高校・総合技術高校は面接が行われました

学力検査は3月の上旬に2日間の日程で行われます。
すでに2021年度は日程が発表されており、2021年3月8日(木)・9日(金)です。

1日目(3月8日)は国語・社会・数学
2日目(3月9日)は理科、英語です。
各教科50分、50点満点の問題です。面接と実技は、英語のあと実施されます。

ただし、一部の高校で、「独自問題」を別に課す場合があります。
独自問題は、
①その教科の問題をそっくりそのまま変更するパターン
②ある一部の大問だけを変更するパターン
③特定の教科だけ追加で入試をするパターン
の3種類があります。
追加入試の場合は、英語のあと行われるのが普通です。

内申点計算の方法

次に、選抜II用の内申点の計算について説明します。
1年から3年までを使用するのは選抜Iのときと変わりません。ちがうのはその計算方法です。

選抜Ⅱ用の内申点については、以下のような方法で
各学年の9教科のうち
・「国語、社会、数学、理科、英語」の成績を5段階で
・「音楽、美術、保体、技家」の成績を10段階で評価(5段階の成績を2倍)
します。

1年分が65点満点で評価され、それを3年分合計して195点満点にします

学力検査と内申点の配分

ここから、「学力検査」の点数と「内申点」の点数を合計します。

学力検査の点数は、半分にします(125点満点に)
内申点の点数は、3分の2にします(130点満点に)
そしてその2つを合計したものが得点(255点満点)となります。
この得点の高いほうから順に合格が決まると思ってください。

ただし、この入試方法には例外があります。次の項はそれを見ていきます。

選抜IIに適用される学力検査の傾斜配点

特定教科の当日点が1.5倍~2倍になる

まずは「傾斜配点」
英語や数学、理科の配点を多くして選抜する高校があります。
傾斜配点の教科・傾斜幅は高校によりまちまちですが、
指定の教科の得点を1.5倍~2倍にする学校がほとんどです。

学力検査と調査書の配点比率の変更

選抜IIは多くの高校が選抜を「し直す」

選抜IIはさらに、選抜のしかたに大きな特徴があります。

はじめに説明した「通常の選抜方法」とは別に、当日点や内申点を思いっきり重視した選抜方法が存在します。
例えば賀茂高校を例に挙げましょう。
賀茂高校は、入学定員が240人の学校です。選抜Iで48人が合格しているので、選抜IIの定員は192人です。
まず、選抜II定員192人の8割(=154人)を「通常の選抜方法」で選抜します。
そして、残りの2割(=38人)を「学力検査:内申点=7:3」の割合に変更して選抜します。

多くの高校で、当日の学力試験の比率を大きくするパターンを採用していますが、中には内申点重視の学校もあります

これが、広島県の公立高校選抜II、一般入試のシステムのすべてです。

入試の最新情報は広島県教育委員会のHPで!

広島県教育委員会では、随時情報が更新されますので、ぜひチェックください。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kyouiku/fr-nyuushi.html

関連記事

広島県公立高校入試のシステム~選抜I(2022年3月に受験する生徒まで)
2020年度広島県公立入試の結果分析と対策
受験勉強って結局「どれだけ泥臭くやれたか」の結果だと思う。

入塾についての問い合わせはこちらから

IKUEI個別学院西条校
〒739-0005 東広島市西条大坪町9-51 B-2
電話 082-422-5498

公式LINEやってます。

IKUEI個別学院西条校中の人の独り言

このブログの中の人

まえはま室長

まえはま室長

広島生まれ広島育ち、広島の高校・大学を卒業して広島の塾に就職する生粋の広島人。
IKUEI個別学院歴は早10年。小学・中学の全教科授業に出ていますが、基本的には理系の講師。
「あたりまえのことをあたりまえに行う」ことをモットーに、宿題や小テスト、授業のない日のテスト勉強会などを企画しています。
趣味はスポーツ観戦。30年以上のカープファン。好奇心は旺盛。飽きも早いのが玉にキズ。心はまだまだ若手のつもりだが、体にはちょこちょこガタが来ている。